学校給食での防止策

学校給食でのアレルギー

学校の給食によるアレルギー対応

近年、アレルギーを持った子供が非常に多いことが社会現象になっています。給食では、その時代の流れに適応するためにどのようなことが行われているのでしょうか。学校給食における対応には、大きく分けて3つのことがあります。学校の中で誰が持っているのか、何がアレルギーなのかの情報共有。子供達が摂取しないように未然に防ぐための事故の防止、その上で事故が起き、症状を引き起こしてしまった子への緊急対応です。この症状の代表的な例はアナフィラキシーショックなどが挙げられます。この場合はエピペンなどで対応することによって安全を守ります。

学校給食の現状について

自治体によりますが、通常公立の小学校では昼食に給食が供されます。学校内の専用の調理施設で調理する方式、地域で共通の調理センターで調理し配送する方式、外部の業者に委託し調理したものを配送してもらう方式と様々なやり方があります。最近では、行事に合わせた献立を出したり、郷土料理を取り入れたり、自治体と提携する海外の姉妹都市の地元料理を供したりとメニューにも色々な工夫がなされています。また給食を通して、正しい食事作法の指導やバランスよく食べる指導など、食育が行われています。近年ではアレルギー体質の児童の増加に伴い、対応に頭を悩ませるケースも増えています。

学校給食についての情報

↑PAGE TOP