おしゃれな学校給食も

おいしくなった学校給食

学校給食はおいしいって本当?

以前はおいしくないと言われていましたが、今や学校給食はおいしくなったことをご存知でしょうか。暖かい物は暖かいまま、冷たいものは冷たいままという当たり前な事ができるようになった点が一番大きいです。また、おいしいといわれるようになった要因の一つがバラエティーにとんだメニューです。子供達が毎月1回好きなメニューを決めることができる場所もあります。さらに、学校の食育を通して興味を持ってもらえるように給食工場見学をしています。バランスの取れたメニューで食材ひとつひとつを拘っているからこそおいしくなっているのです。

学校の給食は学びがいっぱい

近年における学校の給食では、「食育」の一環として様々なことを学ぶことができます。たとえば、各都道府県における地域の食材が使われることが多く、自分が住んでる地域はこんな野菜が採れるのか、など新しく発見できることが多いです。また、日本には四季があるので、季節ごとの旬な食材を使い、それぞれの特色に適した献立が考えられていて、一年中楽しみながら食べることができます。最近では海外の有名なメニューも取り入れられ、たとえば中国の中華料理や、ロシアのピロシキなどが挙げられます。学校の給食は自分の家でも再現することができるように、使われている食材などが公表されているところもあるので、ぜひ作ってみましょう。

学校給食についての情報

↑PAGE TOP