学校給食での食育教育

子供の健康に良い学校給食

健康を意識した学校給食の大切さ

「学校給食法」が制定され、義務教育の間には、児童の健全な発達のために給食が実施されることになっています。栄養士がバランスのよい食事の献立を立ててくれることで、児童の健全な成長や健康に一役買っています。また今では、食べることを通して「食育」も取り組まれています。無形文化遺産にも登録された「和食」や、その地域で作られたものを食べる「地産地消」も積極的に取り入れることで、児童・生徒に食べるということに対し知識や関心を持つ活動も行われています。机上で教科の勉強をするだけではなく、学校で生きるために大事なことを学べるシステムはこれからも大事にしたいものです。

給食の意義を知りましょう

学校に給食があることを、保護者は経済的で一律にするためとだけとらえている方もおられるようです。しかし、最近はとくに言われるようになってきた食育教育などもなされていることを忘れないでほしいものです。ただ好き嫌いなく食べることによって、バランスよく栄養をとるというのではなく、食べることによっていろいろな食べ物を知ることができます。場合によっては地域の料理、国際料理にも触れることもできます。また食事マナーをこの場を通じて学ぶこともあります。人間は規則正しい時刻に、気持ちよく食事できるのが健康的でしょう。こういうことなども学んでいくことになります。このように様々な大きな意義がある学校の給食、経済的な金額ででき、子どもたちの成長の手助けができることを、みなさんで感謝をしたいものです。

学校給食についての情報

新着情報

↑PAGE TOP